年末年始は忙しい

まず年末。日本の贈答の伝統的行事、そう「お歳暮」の季節ですよね。まあお歳暮っていつからある制度かわかりませんが、どちらにしろ百貨店などのお店側の販売戦略として根付いてるんじゃないですかね。バレンタインみたいな。

最近は少なくなってきてそうですけど、やっぱり全国的な伝統的行事なだけあってお歳暮のかずは多く、この時期は増員して対応する必要があります。

さらに今ではネット通販が流行ってるから家から出かけなくてもお歳暮を送れたりするんですよね、簡単にね。

なので意外と若い人でもやっているみたいですよ。そしてクリスマス商戦から年始のバーゲンにかけてネットショップも安売り的なイベントを数多く実施するのでこれまた配送の数が増えるので、年末年始は本当に激務です。

やっぱりネットで簡単に検索できちゃったりするからすぐに買い物できちゃうからね。まあそれが飯の種でもあるわけですから、一点でも郵送物があるのは本当にありがたいことなのですが。

そう言えばニュースでは関東甲信越の寒波に雪の影響で物流が麻痺してたとか。配送が遅れるのもそうなんですが、生鮮食品等は納入先に納入されず、その前に消費期限が間近に迫ってしまって、そのままメーカーへ送り返さなきゃいけないとか、業者によってはトラックが出たもののの目的地にも着けず、帰っても来れずで配送手段がないという業者もあるんだとか。

渋滞も渋滞でいつもの時間の倍は余裕でかかったりもしてたみたいですね。例えば首都高が凍ってしまって通行止めになったから首都高を走るクルマが全部一般道に降りてきてしまって大渋滞、みたいな感じらしいですよ。

通販のブームなどで配送料が増えてクロネコヤマトとか佐川急便とかの働き方に対する事がニュースになったりしている昨今。

本当に物流業界がなにかいろいろ変わってきそうな2018年になりそうですね。業界の動向はしっかりと注視していきたいです。